睡眠時無呼吸症候群とは

睡眠時無呼吸症候群のイメージ

睡眠中に呼吸が一時的に停止したり、低呼吸になってしまう疾患です。
睡眠中のことなので、なかなか気づかないことも多いのですが、ご家族などから「いびきがうるさい」と指摘された方、日中の眠気がある方、朝起きると体がだるい方は睡眠時無呼吸症候群の可能性があります。
きちんと治療しないと交通事故を引き起こしたり、高血圧や糖尿病、心臓疾患、脳卒中などを招く確率が大幅に上昇しますので、まずは医療機関を受診し、必要な検査を受けてみると良いでしょう。

主な検査

睡眠中のいびきなど、睡眠時無呼吸症候群の症状に心当たりのある患者さまには簡易検査をお勧めしております。
専用の医療機器をお貸しするので、ご自宅で使用して検査を行ってください。
口と鼻に呼吸センサーを、指に血中酸素濃度を調べるセンサーを取り付けて一晩就寝していただき、時間当たりに10秒以上の無呼吸・低呼吸が何回生じるか、また同時に血中酸素濃度の低下が起こっているかどうかを調べます。
後日、来院した際にこの検査機器を受け取り、当クリニックで解析いたします。

主な治療法

睡眠時無呼吸症候群を招いている原因、また患者さま個々の状態に応じて、CPAP療法やマウスピースの装着などの治療法を選択します。
このうちCPAP療法は、中等度の患者さまに対して行います。
鼻に装着したマスクから圧力を加えた空気を送り込むことによって、ある一定の圧力を気道にかけ、気道の閉塞を取り除くことが出来ます。
睡眠時無呼吸症候群を放置していると死亡率が高くなると言われていますが、CPAP療法をきちんと続けて治療すれば、健常人とほとんど生存率は変わらないと考えられています。

マウスピースは、主に軽症の患者さまが適応になります。
気道を広く確保するために下顎を上顎よりも前に出るように固定します。
専用のマウスピースですので、作製する際には当クリニックと提携する歯科医院をご紹介いたします。

なお、睡眠時無呼吸症候群を予防するには、生活習慣を見直すことも大切です。
肥満の方は、減量のために適度な運動を心がけ、食事も腹八分目にしましょう。
お酒を飲みすぎる方は、アルコールによって気道の閉塞をさらに悪化させる可能性がありますので、ほどほどにしましょう。